郵政民営化がついに始動 郵政民営化が始まる!

2007年09月12日

郵政民営化がついに始動

郵政民営化がついに始動します。郵便局の業務は、長らく国営事業として行われてきました。

郵政民営化は小泉元首相が自らの政治課題として熱心に取り組んだ結果で、小泉構造改革の本丸とされてきました。

もっとも、この郵政民営化については、当時の小泉内閣の政局化(政治的な騒動を引き起こすことによって権力闘争を有利にする)という指摘もありましたが、それは一般国民には関係の無いことです。

大切なのは、その結果郵便局が今後どうなるのか、ここに我々の関心があります。

ここでは郵政民営化によって何が、どう変わるのか、一番生活に身近な部分を中心にお話したいと思います。

まずひとつ、大きく言えることは、これまで国営事業だった郵政が民営化されることにより、国営とはいえ、既にかなり大きな規模で事業を行っていた事業体が民間企業として生まれ変わるということです。

民間企業である以上、利益を出す必要がありますし、納税の義務もあります。これは郵便局の運営に対して大きな影響を与えます。

「利益を出さなければならなくなる」、郵政民営化においては、この点を大きなポイントとして、まずは押さえておくことにしましょう。
posted by 郵政民営化 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵政民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55031927

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。